四季が感じられる自然の中の生活 、東京から便利なアクセス。都会と田舎の生活、両方が楽しめます。

川の近くの山の中、スキー場の直ぐ近くで、自分たちの野菜を育てる生活、隣に家はなく、それでも暖かい地元の人たち

と関わる生活をしたいと思いませんか?ここ、雪国で。

山の生活ー綺麗で美味しい水、日本一の米どころ、日本猿、カモシカ、サギ、四季、庭、そして美しい現代日本と西洋の

ミックスした家で雪国を満喫でき、更に東京から新幹線で90分。

 
 

家について

2005年の夏、築26年の別荘を購入。家族が居住するには小さい家でしたが、玄関を入るとすぐの部屋に民家があり、高い天井、太く大きい梁、障子や襖が素晴らしかったです。

2年間この家に住み、堂島新田で快適に住むために地元の大工に増改築をお願いしました。

 
 

 増改築をするにあたって一番大切にしたことは:

 

民家を残すこと。とても素晴らしい部屋ですし、家族全員が同じ部屋で居心地よく過ごせます。

キッチンと民家をつなげて1LDKにすること。民家の襖を全て開ければ1LDKになり、料理をしていても子供達と一緒にいられます。

 

大きなウッドデッキを作ること。4月末から10月末までここで食事をすることができます。民家の隣にあり、庭を見たり、裏の森を見たり山を眺めたりリラックスできます。

2階にもリビングルームをつくること。子供達のプレイルームとして、又家族で映画を観たり、冬は暖かく夏は風が通るおかげで涼しく過ごせます。子供達が大騒ぎしても大丈夫。隣近所はいませんから。

グリーンルームをつくること。2階の南向きの部屋を植物を育てたり、早春から種まきをするための部屋にしました。ここにもベランダがあり、夏はここで過ごすのも気持ちが良いです。冬はここからソリができます!

 

そしてたぶん一番大切にした事はフローリング。この改築で一番お金をかけたのは

本当の木を使ったフローリングです。裸足でクルミの木の床を歩くの本当に気持ちが良いです。大地を感じます。

お風呂はLixilのシステムパス、キッチンはヤマハのシステムキッチンに大きいガスオーブン、パントリーにフリーザーがあり収納スペースはたくさんあります。

 

家は民家に洋風な外観とインテリア

 

畑は家の東側、南向きにあります。大きさはだいたい150m2

畑の土は毎年有機肥料を施し、今は毎年 色々な種類の野菜が収穫できます。

私たちは毎年、トマト、なす、ピーマン、きゅうり、とうもろこし・南瓜、いんげん、ビーツにルバーブ、葉野菜等々を育て、たくさん収穫しています。

 

また、ブラックベリーやラズベリーの木もあり毎年実をつけジャムやパイをつくる事ができます。

 

そして、ミント、オレガノ、タイム、カモミールやセージなどのハーブも毎年芽を出します。

それからもちろん、葡萄と鬼クルミ。葡萄は年々木が成熟し素晴らしい実をつけます。

そして残りの土地は(畑と家の土地以外)はだいたい1,400m2でエリアごとになっています。葡萄畑があり、ピクニックのためのガジボがあり、花壇があり、ホタルの季節にはホタルが飛び交うキャンプファイヤーの場所があります。そして、もちろん大きなクルミの木があり暑い夏には涼しい木陰をつくり、秋にはたくさんのクルミを実らせてくれます。

雪国生活はおいしくって、リッラクス!

 
 
 

家の周辺で出来ること

自分の家の裏庭の自然と山は世界中で一番の遊びばです。

ここでは、ハイキング、サイクリング、クロスカントリースキーができます。

ここ水無川はピクニックするには最高ですし、暑い夏は冷たい雪解け水でスイミングや滝の下で遊んだり、魚釣りも出来ます。 

周りには家の地区のものも含めてたくさんのスキー場があります。

 

 そして早春の私たちの楽しみは山菜採りです。フキノトウやコゴメにウドが裏庭で採れます。

 

 珍しい鳥もたくさんいます。サギやトンビは普通に見れますし、猿やかもしか、クマもいます。

 

 子供達は自然が大好きですし、外で過ごす事が自然になります。子供達はカエルを捕まえたり、昆虫をとって本で調べたり、虫の卵や蛇の皮を見つけたり、トカゲと友達になったり、鳥を餌付けしたり、生命の営みがどこにでもありそれは最高の学校になります。

 それから、キャンプファイヤーエリアも庭にあります。ローストマシュマロはいつだって楽しみですし、近くに建物がないおかげで夜は暗く星空を見るには最高です。8月の流星群が通る季節には飽きるほどの流れ星が見れます。

自分の庭で流れ星が普通に見れるなんて想像できますか?

 

 南魚沼市はコシヒカリで有名なところです。夏の朝晩が涼しく日中が暑い気温は作物が育つのには最高ですが、ここはそれだけではなくもっと大切な材料、水がとても美味しいのです。冬の豪雪は春に溶け始め、夏中豊かな水となり川を流れます。もし興味があれば自分でビールを作ってみてください。きっと大会社のピールは飲めなくなりますよ。. 

 

それか、ただデッキに座って外を眺めているのも良いものです。これほど緑色の種類がある事に気がつくはずです。そしてその色は日々変化します。そして山の残雪の形の変化も楽しめます

四季

 
 

3月には春の足音が聞こえてきますが雪解けまでにはまだあと1ヶ月かかります。それでも日に日に天気は良くなりクロスカントリースキーやサイクリングにはちょうど良い季節になります。山野草の花が咲き始め春が訪れます。山菜を採りに行ったり、畑の準備をして野菜を植える準備をします。

 堂島新田の夏に勝るものはありません。庭には何本かの大きなクルミの木があり日陰をつくってくれて、山からの気持ちの良い風が通るおかげで家には冷房は要りません。

 畑の野菜やベリーは実り、朝食から夕食までデッキで楽しめます。

 収穫期!葡萄、南瓜にくるみ。冬の前に全てを収穫し、庭の道具等を小屋の中に片付けます。

山の奥まで続く、川沿いのサイクリングロードをサイクリングすれば秋の紅葉が楽しめます。

雪、雪、雪。地元のスキー場まで車で2分、スキーをしたい、と思った時に行けるちょうど良いファミリースキー場です。たぶん、スキーのために1時間もドライブすることはもうないでしょう。ゆっくり起きて、それでもまだパウダースノーでスキーができます。

スノーシューを履いて動物の足跡をついていくことも楽しいです。それに、

家の2階のベランダからソリをすることもできます。ー子供達は大好きです。

そして、遊び終わったら薪ストーブの前でみんなでココアを飲めば、静かで最高の時間が家族で過ごせます。

アクセス

隣近所がなく、川が近く、スキー場も近い田舎ですが、堂島新田はここから出るのにもとてもアクセスが良いところです。

浦佐駅(上越新幹線)は車で10分、そして新幹線に乗れば90分で東京駅です。

 そして、家は関越自動車道大和インターから5分。

 八海山麓スキー場は車で2分、週末は地元の人もだいたいそこに集まります。子供達もそこに行けば友達に会えるし、私たちも他の親たちや友達と会える社交場的な場所です。

六日町八海山スキー場は車で25分。もっと急で長いコース、雪が深くて上級者の人たちが楽しめるスキー場です。

大きな病院、魚沼基幹病院は車で10分。そして大きなショッピングセンターは六日町と小出にあり車で15分の所にあります。 

本当に両方の生活ー田舎暮らしと都会の便利さがあります。

 連絡先

新潟県南魚沼市堂島新田

Thanks! Message sent.